勉強時間が十分に確保できない社会人が公認会計士に合格する方法

学生という立場であれば、公認会計士の受験勉強に本腰を入れて取り込む事ができます。しかし経済的理由や、それ以外の理由で、働きながら公認会計士の資格を目指すという人もいるはずです。

身だしなみを整える男性社会人

ただでさえ、たくさん勉強しなければ合格できない公認会計士の試験を、働きながら勉強をして合格する事は可能でしょうか?

確かに、勉強時間という点では、社会人である事は不利に働きます。中には、仕事を辞めて試験勉強に集中するという人もいます。

しかし、仕事を辞めるという事は、勉強時間は増えますが、同時にリスクを伴います。仕事を辞めて、ずっと合格できなかったら?

そんなプレッシャーを抱える事になります。そのプレッシャーを、もう後がないからここで頑張らないとと、変換できる人はいいのですが、ストレスに感じてしまう人は、仕事を辞めるのはちょっと考えましょう。

まずは仕事を続けながら、勉強をしてみて、仕事を続けたままでも合格できそうか?もしくは、仕事を続けたままなら合格は難しいけれど、1年集中すれば、試験には合格できそうな手ごたえはあるのか?など、その都度、状況判断していくといいでしょう。

そして働きながら公認会計士を目指す場合は、独学ではまず無理です。必ずカリキュラムが充実している社会人用の公認会計士の受験対策を行っている専門学校を選びましょう。

通うのが大変そうなら、WEBなどでフォロー可能な専門学校を選ぶようにして下さい。社会人が資格の勉強をするコツは、目標を明確にする事です。

目標を明確にし、いつまでに合格すると決める事で、スケジュールを立てる事が可能になります。そして勉強をする習慣をまずは、身体に覚えさせましょう。

仕事で疲れたから今日は、勉強はしないどこうでは、いつまで経っても合格できません。勉強時間や勉強する場所を決めて、短い時間で集中して勉強をする事が社会人で合格するためには必要です。

関連記事

たくさんのはてなマークに囲まれる女性

公認会計士に合格するための勉強法のコツを紹介しておきますのでチェックしておいてく...

スケジュールを作成している

公認会計士に合格するスケジュールの立て方について

資料を広げて勉強をする女性

合格率10%の超難関・公認会計士は独学で合格できるの?