秋葉原のお話ではありませんが性風俗の歴史を少し勉強しておきましょう

2016-07-11

風俗とはもともと「風習」や「常識」「習わし」といった、生活する上でごく普通に行うことを指したものでした。今では性的なサービスを行うお店といった意味合いで連想する人が多いことでしょう。「風俗に何らかの影響を及ぼす、もしくは乱す可能性がある物」として、雀荘やダンスホール、女性がいる飲み屋などを差して「風俗営業」と呼んだことから定着しました。

要するに「風俗によろしくない影響があるかもしれない営業をしている店」を縮めてそのように呼んだ訳です。最たるものがソープやヘルスになるのですが「性風俗に影響を与えるかもしれない営業を行なっている店」として「性風俗店」となりました。

ただし「性」をいちいち付けることはなく、ただ単に「風俗店」といった呼び方になっています。この意味で使われるようになったのは、1980年代のノーパン喫茶などが出現したころです。それまではこのようなお店の種類自体は少なく、多種多様な形態が生まれたキッカケはノーパン喫茶でした。

同時期に「以前はこのように性的なサービスを施すものは「ソープ」ぐらいしかなく、それなりに値段も高く、安ければ安いだけのサービスもしくは人材といった、ある程度のセオリーはありました。赤線からの流れであったため、性的な刺激を与えるというよりは「そのもの」です。

こちらはいち早く売春禁止法に制限を受けていましたので、そのため同じように呼ばれてはいるものの、若干「違う」という感覚を与えることでしょう。性的な刺激を受ける部分をくすぐるのだといった認識のほうが、現在の「フーゾク」を理解するのに近しいと考えられます。

いわゆる本番というものを行うのは、「フーゾク」とはニュアンスがズレると受け取っている利用者も多いようです。ソープはソープ、後出の諸々のものはフーゾクといった雰囲気があります。ソープやフーゾクに関して18歳未満は働くことが出来ませんし、18歳未満が客としてはもちろん立ち入ることも許されてはいません。

これは性的な営業店のみならず、風俗営業を行っている店舗は一部を除いてすべてです。よってパチンコ店や雀荘もその年齢制限の対象となります。ただしゲームセンターなどの8号営業に関しては、時間帯によって保護者の同伴があれば入店OKなど制限も段階が細かく設定され、18歳未満が足を踏み入れてはいけないというものではありません。

7号営業であるパチンコ店や雀荘とは違うということになります。

秋葉原のお話ではありませんが性風俗の歴史を少し勉強しておきましょう

風俗とはもともと「風習」や「常識」「習わし」といった、生活する上でごく普通に行うことを指したものでした。


Copyright© 2016年7月11日 秋葉原でお得に風俗店で遊ぶためのコツやらを紹介していくサイト
http://www.corlisssecurity.com All Rights Reserved.